医学的根拠があり、副院長自ら実感をえた治療を提案します。

イメージ

私が考える美容皮膚科は、お肌をきれいにする、シミやシワなど、少しでも加齢に抵抗して若返えることを目的としています。
ずっと悩んでいるニキビ、ニキビ跡や加齢による抵抗できないシミ、しわ、たるみなどのお肌のお悩みを、副院長が経験してよいと実感した、医学的なエビデンス(科学的な根拠)に基づいた治療で解決いたします。医療機関でしか販売できないコスメやサプリメントも扱っています。

美容医療の「かかりつけ医」です

当院では、下記のようなお悩みの治療を自由診療にて行っております。
特にシミ取り、シワ取り、たるみが得意分野となります。
当院は、美容医療の「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、何でもお気軽にご相談ください。
※保険診療の適応になるものもございますので、ご相談ください。

当院の美容皮膚科の主な疾患、施術

  • しみ・くすみ
  • 肝斑
  • しわ、小じわ
  • たるみ
  • ニキビ・にきび痕
  • 女性の薄毛・産後薄毛
  • 美容点滴
  • 医療レーザー脱毛 など

しみ・くすみ

イメージ

私がもっともちからを入れている分野の一つです。しみとは顔にある色みの総称なので、老人性色素斑、肝斑、後天性真皮メラノサイトーシスなどすべて「しみ」になります。
大切なのは「しみがなんなのか、診断が適切であること」です。
これらを鑑別できないと、結果が伴ってきません。しみに関しては、どれだけ色々なしみを診て、治療してきたか、が大切なポイントになってくると思います。同じシミでも濃さや深さで適切な波長、出力が異なります。いままでシミ取りをしても取れなかったわという方は一度診察をうけてください。
また、シミには紫外線や老化、ホルモンバランスの乱れ、様々な原因によって引き起こされます。取り除ける原因は取り除くよう、飲み薬や塗り薬、医薬品などもご案内します。私は昔から日光浴が好きで、夏のシーズンはいつも真っ黒でした。でも今はしみなしのお肌が自慢です。ぜひその効果を実感していただきたいです。

オススメの治療

ライムライト ≫詳しくはこちら
アキュチップ ≫詳しくはこちら
ケミカルピーリング ≫詳しくはこちら
マッサージピール ≫詳しくはこちら
美白点滴

肝斑

みなさん肝斑、と聞くと「頬にできる茶色いシミよね?」と思われる方が多いです。
待ってください。肝斑は両頬だけにできるものだけではありません。唇の上もおでこも鼻もこめかみ付近にもできるのです。肝斑の診断は非常に難しく、診察時に「以前に肝斑と言われて治療したけど薄くならない」とおっしゃる方もすくなくありません。頬の部分にあるしみは肝斑とは限りません。教科書的には肝斑は左右対称と記載していますが、対称にでてこない肝斑もあります。これを診断するのは経験値だと思います。
肝斑はホルモンバランスだけでなく、外的刺激(よくこする、ゴシゴシ洗うなど)ストレス、紫外線などが要因になります。肝斑にはこれをやればよい!という治療法が決まっています。適切な診断を受けて適切な治療で結果を出しましょう。

オススメの治療

ケミカルピーリング ≫詳しくはこちら
内服、外用、高濃度VC点滴

しわ・小じわ

しわは、皮膚表面に生じた細い筋目のことです。しわの原因は様々ですが、老化による肌の弾力低下・乾燥(皮膚の水分保持力の低下)、気温や湿度の低下による乾燥、紫外線ダメージによる弾力低下、加齢による女性ホルモン量の低下などがあります。ボトックス療法で筋肉の力を弱めることによって、小じわをなくし、深くなることを予防することもできます。怒っていないのに「怒っているの?」と言われることはありませんか?深くなり前に予防しましょう。

オススメの治療

ボトックス療法 ≫詳しくはこちら
ヒアルロン酸注入 ≫詳しくはこちら
マッサージピール ≫詳しくはこちら

たるみ

イメージ

たるみとは、3つのパターンがあります

  • 皮膚のみが下方に垂れてしまう状態。
  • 皮膚と皮下組織が筋膜からはずれるように垂れてしまう状態。
  • 筋膜がゆるみ、筋膜・皮下組織・皮膚すべてが垂れてしまう状態。

それぞれ治療法もアプローチの仕方も異なります。
これらを診断するためには、私のように経験を積んで、症状によって治療による違いがでることを理解している医師でないと効果はでません。
「たるみにはこれがよい」と=(イコール)ではないのです。
地球に住んでいるかぎり、重力があります。それに抵抗するための治療法はありますのでご相談ください。

オススメの治療

にきび・にきび痕

まず、にきび痕はにきびのケアが不十分だと、炎症がいつまでも続き組織が瘢痕化してしまうために起きてきます。まず、ニキビの段階から正しい治療を行う事が大切になりますので、指導していきますので一緒に治していきましょう。また、にきび痕になってしまった部分は組織が欠損している状態(部分的にへこんでいる状態)です。お化粧もその部分にたまりよれますし、見た目も凸凹した状態になるのでつるっとした感じがありません。これらは底上げをするため熱を加えるレーザー治療が有効ですので、ぜひご相談ください。

オススメの治療

ケミカルピーリング ≫詳しくはこちら
マッサージピール ≫詳しくはこちら
ダーマローラー、ニキビ点滴
内服、外用