皮膚のことなら何でもご相談ください

イメージ

「今まで一度も皮膚のトラブルがありません」という方は少ないと思います。虫刺されがひどい、なにかでかぶれてしまった、やけどをしてしまったなど、生活するうえで皮膚のトラブルはたえません。当院の一般皮膚科では、皮膚疾患全般にわたる診断と治療を、基本的に保険診療にて行っております。患者様の状態を診て、自費診療で有効性が見込める場合は、自費診療もご案内することができます。
皮膚のことで気になること、お気軽に相談にいらしてください。

患者様に多く見られる症状・疾患

  • にきび
  • 湿疹・かぶれ
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • 虫さされ
  • 帯状疱疹
  • 円形脱毛症 など

にきび

イメージ

にきびの直接の原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。年齢により発生するメカニズムは異なることが多いですが、ホルモンやストレスなどの影響により過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まることが多いです。この毛穴に溜まった皮脂に、にきびの元となるアクネ菌が増殖し、白ニキビ、黒ニキビ、赤みや膿などの症状を招きます。
治療にあたっては、経験値に基づき、にきびの種類と重症度を判断することが大切です。私の経験上、よくよく話を聞くと、日常生活や生活習慣、使用しているものや食べ物などが原因と結びついていることが多いのです。他院で「これにはこれ」と処方されて治らないニキビの方も少なくありません。外用薬(抗生物質や毛穴つまりをなくすものなど)、内服薬(ビタミン剤、抗生物質や漢方薬など)、ケミカルピーリング、レーザー治療等のなかから症状にあった治療を提案します。自宅での適切なスキンケアや生活習慣の改善も大切です。
ニキビは治せます。ニキビがなくなると自身の気分も変わります。それは間違いありません。一緒に治療計画を立てられたらと思います。

虫刺され

「生涯虫にさされたことは一度もありません」という方はいないのではないでしょうか。虫刺されは様々で、ノミ、ブヨ、蜂、ダニ、毛虫など虫全般です。症状は痛みとかゆみが主ですが、まれにアレルギー反応を起こして、じんましんや気分不快などの症状が出ることもあります。アレルギー反応が起きた場合は点滴などの緊急対応が必要になることもあります。小さなぷつぷつが、かさかさした赤みが伴ったり、中心が透明であったり、かゆみを伴うことが少なくありません。湿疹を繰り返したり慢性化させたりすると、皮膚ががさついたり、湿疹の跡が残ったりすることがあります。虫刺されの痕は醜い色素沈着になることが多いので、早めの対処が必要です。

かぶれ

かぶれには、刺激性とアレルギー性の2種類があります。刺激性のかぶれは原因物質と初めて接触してから比較的早くに症状がでてきて、症状は接触した部位に限られます。一方、アレルギー性のかぶれはかゆみが強く、接触部位以外にも皮膚炎が広がります。
これらの原因となるもの、樹木や薬品、化粧品や精油などさまざまです。私の診療で一番多く目にする原因は化粧品によるかぶれ、精油によるやけどです。原因物質に日光があたり色素沈着などを起こすこともあります。通常は原因物質を取り除く事で軽快することが多いですが、必要であれば飲み薬や塗り薬、点滴や美白剤などの自費診療を提案することもあります。色素沈着など後を残さない様、早めにご相談くだいさい。

アトピー性皮膚炎

イメージ

「アトピー性皮膚炎は、よくなったり悪くなったりを繰返す、かゆみを伴う湿疹であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」とされています。
その根本には皮膚の乾燥とバリア機能異常があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。皮疹の種類や場所、時期によっても症状は様々ですが、除外すべき疾患や、合併しやすい疾患なども多く存在します。
治療法はステロイド外用や保湿などがあげられますが、2009年に日本皮膚科学会によって作成された「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」に基づいて、治療を行う事が前提ですが、私自身、ステロイドは多用したくありません。可能なかぎり自分の免疫機能でバリア機能などを高めることによって治癒できれば、重症のときにだけステロイド外用を使用する方針をとっております。
アトピー性皮膚炎は慢性疾患です。長い目で治療してゆく病気になります。相談して、治療方針をたてて、気長に治療してゆきましょう。

いぼ

通常よく診られるいぼは、顔や手や足の裏によくでき、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)、青年扁平疣贅などがあります。肌のバリア機能が弱い方、荒れている方は伝染し易いので特に注意しましょう。いぼの治療では、液体窒素で凍らせる凍結療法、薬品を塗布して皮膚を腐食させていく方法、ヨクイニン(ハトムギの種皮を剥がした天然の成熟種子)という漢方薬の内服により免疫力を上げて治す方法、レーザーで削る方法があります。これらのうち、患者様に最も適していると思われる方法を選択します。治療には回数が必要となる場合が多い疾患です。

小児皮膚科

イメージ

当院では、小児の皮膚疾患に力を入れています。
私にとって、こどもの皮膚の病気は特別で早く治してあげたい、と強く思います。
赤ちゃんや小さなお子さんがかゆがっていたり、皮膚がかさかさ赤くなっていたり、とても心が痛みます。お子さんだけでなくお母さんがつらいのもよくわかります。
早く結果を出してあげるのはもちろんですが、皮膚だけでなく背景もよく観察して、長い目で、根気強く、治療してくことも大切です。
お子さまの肌のお悩みは、すぐにでも私に相談してください。
みなさまが思っているよりも、こどもの治癒能力は強いですから!

お子様の皮膚の様子をよく観察します。

イメージ

小さなお子様は、自分の症状をうまく言葉で伝えられないことが多く、そのため症状に気づいたときには、ひどい状態になっているケースもしばしばです。保護者など、近くの大人がお子様の皮膚の様子をよく観察し、少しでも違和感を覚えたら、早めに受診なさるようにしてください。

お子様の皮膚バリアを整える

子どもの皮膚は角層(皮膚の一番上層)が薄く、また皮脂の分泌量が不安定なことから「バリア機能」がまだ安定していません。症状にもよりますが、お風呂でゴシゴシは全体にだめ!ささいなことで湿疹や皮膚炎が生じたり、細菌やウイルスに感染したりするなど、皮膚トラブルが生じやすいものです。それだけに、しっかりとスキンケアをして皮膚バリアを整えることが、子どもの皮膚の健康を守るためには大切です。お子様のスキンケア法についてもアドバイスいたします。

小児の発疹

小児がかかるウイルス感染症といえば、みずいぼ(伝染性軟属腫)やいぼ(尋常性疣贅)、ヘルペス(単純疱疹)など皮膚に直接感染するもの、はしか(麻疹)や三日ばしか(風疹)、みずぼうそう(水痘)のように全身に影響を及ぼすものなど多彩です。
疾患によりますが、治癒するまで学校・会社を休まねばならないものもあります。
特に問題になるのが「学校保健安全法」の中に定められた学校感染症の第二種および第三種(その他の感染症)です。第二種に関しては詳細に学校保健安全法施行規則で決められていますが、第三種に属しているその他の感染症に関しては定められておらず、学校・保育所・幼稚園の現場でとまどうことがあります。そこで、日本臨床皮膚科医会、日本小児皮膚科学会、日本皮膚科学会および日本小児感染症学会が統一見解を出しました。このほかの疾患に関しては、診察医、学校医、校長または施設長が判断決定します。
発熱を伴う発疹の場合は小児科を受診することをお勧めしますが、発熱を伴わないものは皮膚科受診も可能です。

小児のいぼ

子供の顔や手や足の裏によくできるいぼで、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)、青年扁平疣贅などがあります。ウイルスは健康な皮膚からは感染しませんが、小さな傷口があるとそこから感染し発症します。いぼの治療では「一般皮膚科」の項でも説明しましたが、結果がでるにせよ子供に辛い思いをさせる事はなるべくしたくありません。ですので、お子さんの性格をみながら積極的な治療か、気長な治療を決めていきます。「病院はこわい」と思われないような治療を選択していきましょう。

小児アトピー性皮膚炎

私も昔アトピー性皮膚炎でした。顔や肘の内側、膝裏がかゆくよくかいていました。
アトピー性皮膚炎とは、痒みのある発疹が現れるアレルギー性の皮膚疾患で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。発疹ができる場所は、目や口の周囲、首や肘、膝など関節周辺が多く、胸や背中、腕にできることもあります。原因は明確にはわかっていませんが、肌のバリア機能の低下によりアレルゲンの侵入がアトピー性皮膚炎の発症に影響すると考えられています。治療では、まず第一に原因となっているアレルゲンの除去・対策を行うのが基本です。自宅では皮膚は清潔に保ち、保湿をこまめに行います。
お母さんで多いのが、「軟膏がべたつくのでお風呂でゴシゴシ落としています。」それは絶対にダメです。適切な自宅でのケアもご説明します。
子供にはステロイドはあまり使用したくありませんので、重症の度合いによってうまく使い分けながら治療してゆきます。

乳児脂漏性湿疹

生まれて間もない赤ちゃんが、顔中カサカサ、掻いていて眠れていない。赤ちゃんもお母さんも辛くて、楽しい育児も疲れてしまいます。お母さんの感情も赤ちゃんは感じ取ります。「お母さんは悩まないで相談してください」
生後2~3ヶ月ぐらいまでの乳児は、ホルモンの影響もあって皮脂が過剰に分泌される傾向にあります。皮脂の過剰分泌によって起こる皮膚トラブルが、脂漏性湿疹です。おでこや頭部、耳の周辺、股部、わきの下など、皮脂線の多い場所にできやすいものです。乳児期の湿疹を放っておくと、アレルギーやアトピー性皮膚炎につながる事がありますので、予防するためにも早めにご相談くいさい。