形成外科とは

イメージ

形成外科では、先天性および後天性のからだの表面の病気、形・色の変化を治療します。大学病院で勤務していた時の形成外科の領域は、顔面骨骨折や悪性腫瘍の再建など含まれています。形成外科では、これらの疾患を外科的手技にて修復する科です。転んでしまった傷、たいしたことないとお思いでしょう。しかし初期にしっかり処置していないと後に「外傷性刺青」といって痕にのこることもあります。また、以前から気になっていたほくろや、急に大きくなってきたできもの、そういったものが何かを手術生検することで確定診断を得ます。それも形成外科です。手術をした痕をきれいにすることも形成外科の得意分野です。

当院の形成外科における主な対象疾患

  • 切り傷・裂傷
  • 傷あと・ケロイド
  • 腫瘍・ほくろ・粉瘤(できもの)
  • やけど
  • いぼ
  • 多汗症・ワキガ
  • 眼瞼痙攣など

切り傷・裂傷

イメージ

お子様が転んで切ってしまった!出血している!
何科を受診するか迷った際は、まずは当院の形成外科をご受診ください。
傷はどんなものでも一生残ります。それをいかに目立たないようにするかが大切です。医師になってからずっと、表面の傷をきれいに縫うことをしてきた、形成外科専門医です。傷を扱う診療科は整形外科や一般外科、皮膚科など多岐にわたりますが、皮膚表面の傷をきれいに治す専門科と言えば、やはり形成外科になります。血管、腱、骨などに及ぶ傷などで必要であれば、そこからは他の医療機関と連携をはかりながら適切な治療にあたります。

傷あと・ケロイド

手術をした傷あと、帝王切開後の傷あと、昔転んだ時の傷あと、シャーペンの芯が刺さった後の傷あと。「傷あと」といっても様々です。表面の「形」の傷あとには、まず低侵襲の内服外用などから、注射療法、手術や放射線療法などグレードによって治療適応があります。表面の「色」の傷跡はレーザーが適応になることがあります(自費になります)。まずはご相談ください。
ケロイドとは、傷が以前の傷より大きく盛り上がって、かゆみを伴うものを言います。
好発部位がありまして、体の正中(前胸部、おへそ下、恥骨)とよく動かす部分(肩、膝)です。それ以外にも耳垂(みみたぶ)にもできます。
ケロイドの治療はすぐに手術ではなく、内科的な治療と外科的な治療、これらを組み合わせて5段階ほどありますので、経過を見ながら治療を進めていくことが大切です。手術や帝王切開の痕、前胸部のニキビの痕、ピアス後の痕など、治せるケロイドはたくさん見てきました。「傷あとだからしょうがない」とあきらめずにご相談ください。

腫瘍・ほくろ・粉瘤(できもの)

腫瘍やほくろには大きくわけて良性のもの、悪性のものがあります。これらを確定診断するためには生検(手術やパンチ生検)を行います。スコープで診たり、触診視診で悪性を疑う所見というものがいくつかありますが、それがないからといって悪性は否定できません。スコープで良性だと思っても、結果悪性だったという事もあります。すべてを生検する必要はありませんが、悪性を疑う時には生検を勧めます。
特にほくろで悪性を疑うできものの症状としては、①最近数か月で急激に大きくなったもの、②盛り上がっているもの、③左右対象でなく形がいびつなもの、④濃淡差があるもの、⑤くじゅぐじゅしたり、浸出液(膿など)がでてきているもの、⑥痛みなど症状を伴うもの、などがあげられます。
「粉瘤」は⑤⑥を伴いますが良性のものです。角化組織がたまった袋が存在していますので、その袋が限界にきて皮膚の中で破裂すると痛み、腫れ、熱感を伴います。袋の限界が来る前に手術することをお勧めします。
以前から気になっていたできものなどがある場合は、まずは相談してください。生検が必要なものなのか、放っておいてもよいものなのか、判断いたします。

やけど

やけどは初期対応が大切になります。皮膚に熱(熱湯、化学薬品なども含めて)が加わりそれが皮膚のどこの層まで浸透するか、どれくらい熱が加わっていたかによって重傷度が変わってきます。形成外科と皮膚科で診察することが多いですが、植皮などが必要か見極めるようなやけどは形成外科が診察することが多いです。
子供のやけど、心配ですよね。適切な処置をしないと瘢痕(きずあと)や拘縮(動かせない)をきたすことがあります。私は可能な限り軟膏処置で治す方法をとりますが、どうしても手術が必要な時には迅速な行動をとります。また、昔のやけどの傷痕はレーザーで色をぼかしたり、目立たなくしたりもできます。やけどは、小さいものでも跡になって残ることがありますので、軽いやけども軽視せず、早めにご相談ください。

いぼ

いぼとは皮膚から隆起している腫瘍の総称です。脂漏性角化症、軟線維腫、アクルコルドン、小児の疾患として伝染性軟属腫(とびひ)などもいぼの一種になります。まずは診断、それに見合った治療を行うのが一般的です。治療法には、レーザー治療、液体窒素療法、手術などがあります。

多汗症・わきが

イメージ

夏になるとわき汗が止まらない、大事な式でノンスリーブになるけれど汗ジミが気になってしまう、冬に寒い屋外から室内でコートを脱ぐと汗でびっしょり、という事はみささまにさると思います。当院では、自費診療になりますがボトックスでわき汗を止めることができます。効果は1,2日で現れて4~6か月持続します。
わきのにおい(わきが)に対しては手術を行うことが望ましいですが、手術には抵抗がある方、傷ができるのはいやだという方は、まずは汗の量を少なくすることでにおいが軽減することもありますのでお勧めします。

眼瞼痙攣

イメージ

目の周りがぴくぴくしてきになってしまう、顔が引きつったりすることで疲れてしまうしストレスだ、という方もいらっしゃると思います。痙攣は筋肉が自分の意思に反して動くことを言い、ミオキミアやチックなどが鑑別に上がります。これらはボトックス療法で筋肉の動きを軽く止めてあげるだけで止まることが多いので、顔の筋肉がぴくぴくするときは、まずご相談ください。