しみ取りレーザーの治療

しみ取りレーザー

レーザーによるしみ取りは、正常な細胞にダメージを与えることなくメラニン色素のみを破壊し、安全・確実にシミを除去します。照射部分はかさぶたになり、それがやがて剥がれ落ちると、皮膚が再生されキレイな肌へ生まれ変わります。照射後約2週間は患部に肌色のテープを貼り、日焼け止めを塗って紫外線から保護します。また、大きなもの以外はほとんど一度の施術で除去することが可能です。ただし、まずはシミがレーザーでとれるものなのか、1回でとれるものなのかを判断することが大切です。1回でとれるものは、老人性色素斑、雀卵斑でADMや真皮色素斑などは一度では取りきれません。

しみ取りレーザーの特徴と経過

  • 光治療により改善が難しかった色素の薄いしみやそばかすを改善できる機器です。
  • レーザー後は、治療部に創傷被覆剤(傷用テープ)を2週間貼付して保護します。
  • テープ保護の上から洗顔や入浴は当日からできます。
  • お化粧はカサブタがとれるまでは治療部を避けてしてください。
  • 数日でカサブタになってきます。カサブタははがさずそっとしておいてください。
  • 浅いシミは約2週間で自然にカサブタがとれて、ピンク色の皮膚が現れます。浅いシミは、通常約1~2回でとることができます。
  • カサブタが取れた後は、敏感な状態で炎症後色素沈着を来たしやすいので、患部を刺激 しないようにこすらないでください。カサブタが取れた後、炎症後色素沈着が必ず起きます。通常約3~6ヶ月で徐々に薄くなって改善していきます。この間はUVクリームや美白剤でケアしてください。
  • 治療の経過や効果は個人差があります。

施術概要

お化粧 治療部位には小さなテープを貼っていただきますが、その他はいつものようにしていただけます。
痛み 輪ゴムで軽く弾かれた程度です。
所要時間 シミの大きさや個数によりますが、照射はほんの数秒です。
施術回数 状態や大きさにもよりますが、大きなもの以外であれば1度の治療にて除去することが可能です。

施術の流れ

STEP 1 カウンセリング
医師の診察となります。
気になる症状や部位について質問し、肌の状態を診て、しみ取りレーザーが適応となるシミかを見極め、併用療法など治療プランを立てていきます。
STEP 2 クレンジング
洗顔を行います。
低刺激の洗顔料、クレンジングをご用意しております。
STEP 3 施術
まずは、施術部位の確認を一緒に行い、マーキングします。
その後ゴーグルで目を保護します。
照射を行います。照射時間はしみの大きさにより異なります。
照射中はゴムをはじいたような感じがある程度です。
STEP 4 施術後
施術後は、ほてり感とひりつきが軽度あります。
照射部分はテープ保護をします。ほてり感がある場合は冷却をすることもあります。
そのほかの部分はお化粧も治療後すぐに行う事が出ます。

施術回数と施術費用

照射回数は、個人差がありますが1回照射で効果を判定することができます。

シミ 1mm~
5mm未満
10,000円
(1個あたり)
5mm以上
10mm未満
2,200円
(1mmあたり)
10mm以上 2,500円
(1mmあたり)

※そのほか、軟膏代(700円 税別)テープ代(540円 税別)が別途かかります。
※ご希望の方は塗る麻酔をご利用いただけますが、ほとんどの方は使用しません。

ペンレステープ 200円
塗る麻酔薬 1,000円

併用治療

レーザートーニング

照射後1か月ころから色素沈着が出始めます。その色味が気になる場合はレーザートーニングを併用することをお勧めします。レーザートーニングは1,2週間毎に5回ほど必要になりますが、照射後はお化粧がすぐにできます。
レーザートーニング ≫詳しくはこちら

ケミカルピーリング

不要な薄い角質をとり除くことによって、皮膚の再生を促しそれとともにターンオーバーが早くなることによってメラニンの蓄積を抑制することができます。しみのできにくいお肌を維持します。肌質によって2~4週間に1回のケミカルピーリングをお勧めしております。
ミカルピーリング ≫詳しくはこちら

内服、外用治療

医療機関でしか処方する事の出来ないシミ治療に効果的なお薬の併用が可能です。治療効果を高めるだけでなく、治療回数や期間を短縮する効果があり、 早く色素沈着に対する効果を出したいという方の併用療法です。
内服 ≫詳しくはこちら
外用 ≫詳しくはこちら